『高齢者講習』とは

『事前対策 高齢者講習』

運転免許の更新期間満了時の年齢が70歳以上のドライバーに義務付けられた講習です。

『高齢者講習』を受講しないと運転免許の更新はできません。

高齢者講習の目的

運転者の視力や反射などの身体機能の低下に加え、認知症の増加で高齢運転者による交通事故が増えており、

高齢運転者本人に自分の運転能力や技能水準を自覚してもらう目的がある。

認知機能検査の内容[75歳以上の方のみ]

認知機能検査は、次の3つで構成されています

(1)時間の見当識【難易度:☆☆☆☆★】

 検査を受けるときの年月日、曜日、時間を回答します

(2)手がかり再生【難易度:☆★★★★ 】

 4つ描かれたイラストが4回に分けて示されます。合計16枚のイラストです。
イラストを見る時間は約4分で、どれだけ記憶しているかどうかを検査されます。

(3)時計描写 【難易度:☆☆☆☆★】

時計の文字盤を描き、さらに、その文字盤に指定された時刻を表す針を描きます

認知機能検査の判定

認知機能検査では、(2)『手がかり再生』の記憶力のテストが判定結果に多きく左右します。
診断結果は、以下のように判定されます

① 『49点未満 記憶力・判断力が低くなっています』という結果の出た方

臨時適性検査(専門医の診断)の受検
又は医師の診断書の提出が必要になってきます。

② 『49~76点未満  記憶力・判断力が少し低くなっています』

高齢者3時間講習を受講します。

③ 76点以上 記憶力・判断力に心配はありません

高齢者講習2時間講習を受講します

西村堂では高齢者講習を受講される方がスムーズに講習を受講でき、自分に納得のいった結果が出せるようサポートいたします。

西村堂の『徹底攻略 高齢者講習』の講習内容は以下の通りです

1、高齢者講習の内容と流れ【講習】

 実施内容、検査方法、採点基準などをご説明いたします。
 実際の検査と同じ流れで進めていきますので、当日の検査の感じを体験いただけると思います。

大事なことは予習しておけば、本番の時に余裕ができます

2、『手がかり再生』の練習【講習】

 イラストを覚える記憶法を紹介します。

 記憶法はいくつかありますので、自分に合った記憶法を見つけましょう

 能力により記憶力にも差があります。他人と比べてとかではなく、自分のための記憶です。焦らず頑張りましょう。

3、『手がかり再生』の演習【自習】

手掛かり再生の演習を行います。

これだけはとにかく数をこなしましょう。こなした数だけ成果は出ます。
但し、無理は禁物、休憩しながらでも大丈夫です

4、カウンセリング【希望者のみ】

西村堂の『徹底攻略 高齢者講習』で当日の高齢者講習ではスムーズに、そして納得のいった結果を出しましょう

西村堂では受講生の能力に合わせ個別指導もできます。

個別指導は能力に合わせ、課題を一つずつクリアし、能力のレベルアップをします。

事前に準備しておくことで、安心感をもって余裕で検査に望めます

『事前対策 高齢者講習』